グランドセイコー「44GS」最小径の新作腕時計

No Comments

グランドセイコー(Grand Seiko)からミドルサイズの新作ブランド時計 コピー「SBGW291」が、2022年9月9日(金)よりグランドセイコーフラッグシップブティックなどで発売される。

最小径36.5mmを実現したミドルサイズのメカニカルウオッチ

「SBGW291」605,000円
「SBGW291」605,000円

グランドセイコーのデザインのルーツとなるウオッチ「44GS」をベースに、デザイン要素を忠実に再現しつつ、現代的な実用性を備えたモデル「44GS 現代デザイン」。今回登場する「SBGW291」は、そんな「44GS 現代デザイン」の中で、最も小型径となる36.5mmのメカニカルウオッチだ。

ダイヤル&バンドをグレートーンに統一

「SBGW291」605,000円
「SBGW291」605,000円

放射模様を施したシルバーダイヤル上には、細めのバーインデックスや針を採用。同系色のクロコダイルストラップで全体をグレートーンにまとめ、上品な印象に仕上げている。

また、「44GS 現代デザイン」の特徴である、シャープなケースデザインもポイント。主体となるのは、「ザラツ研磨」によって磨き上げた歪みのない平面と直線。逆傾斜のケースサイド面とつながることで、光と陰が織り成す無数の陰影が生まれ、奥行きのある美しい造形美を実現している。

「SBGW291」605,000円
「SBGW291」605,000円

ムーブメントは、メカニカルムーブメント キャリバー9S64を搭載。約72時間のパワーリザーブ、日常生活用強化防水を備えるなど、高い機能も兼ね備えている。

Categories: 腕時計

Tags: ,

0 Replies to “グランドセイコー「44GS」最小径の新作腕時計”

日本最大級通販ショップhacopy市場 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です